自分に合ったウィッグで薄毛対策を

TOP > 薄毛の人用ウィッグについて > 自分に合ったウィッグで薄毛対策を

自分に合ったウィッグで薄毛対策を

ウィッグの装着が周囲に知られてしまうのは困りますから、違和感なく仕上げることが大切です。
ウィッグだとバレるポイントは頭頂部、もみあげの部分であり、ここを違和感なくまとめるのがコツです。
自毛が伸びすぎてしまうと浮いてきますので、定期的にカットする必要があります。
装着時に浮くと感じる場合は、自毛をカットすると解消することがあります。
周囲に知られないためには段階的に増やしていく方法がおすすめで、数ピースのウィッグを用意するのが好ましいです。
急にボリュームが増えると違和感がありますから、3~5段階くらいに分けて少しずつ増やしていきます。
そうして周囲の目を慣れさせていくことで、バレずにボリュームアップできるわけです。
ただピース数が多くなるほど、コストが高くなる点だけは考慮してください。


ウィッグの価格帯はある程度高いものが好ましく、自毛にフィットする性質があるためです。
安価なものは不自然に仕上がることが多く、見る人が見ればひと目でわかってしまいます。
安いものには理由があると考えて、平均的な価格帯よりも少し高いものを選択するとよいでしょう。
高いものは人毛が使用されていることが多いですし、装着感が非常によくて疲れません。
安価なウィッグだと帽子を被っているような感覚となり、常に頭皮が気になってしまいます。
頭皮は思いのほか繊細ですから、合わないウィッグを着用するとすぐに違和感に気づいてしまうわけです。
装着しているとなんとなく疲れる、蒸れがひどくて困っている、自毛と一体化せずに浮いている感じがする、などの違和感がある場合はちょっと価格の高いウィッグに変えてみましょう。


ウィッグを使用される方は薄毛対策も行うのが好ましく、これは自毛のボリュームが減少するとウィッグの装着自体が難しくなるためです。
また初期の薄毛であれば解消できる可能性が高いので、ウィッグで薄毛をカバーしながら育毛ができます。
薄毛に悩んでいる方は頭皮が汚れていることが多いので、シャンプーを変えたり洗髪方法を見直したりしてください。
育毛用のシャンプーは頭皮に優しく、乾燥・敏感肌を防ぎながら洗い上げることができます。
薄毛を放置しておくと自毛はますます短く細くなり、ウィッグだけでカバーできなくなります。
育毛ケアをするタイミングは薄毛に気づいたときであり、決してケアを先延ばししてはいけません。
先延ばしするほど髪を失うことになり、取り戻すのが難しくなるためです。
早期の対策をすることで、10年後も年齢以上のボリュームを維持しましょう。

次の記事へ