TOP > 薄毛の人用ウィッグについて > 薄毛に適したウィッグとの組み合わせがある

薄毛に適したウィッグとの組み合わせがある

薄毛だからこそウィッグを使うのか、それとも育毛剤に頼るのか、効率よく両方を組み合わせるのか、悩みどころでしょう。
ウィッグの魅力は、オシャレを優先できる点ではないでしょうか。
薄毛というコンプレックスをササッとカバーできるカツラよりも、デザインや機能も質が高いようです。
ウィッグには、人毛・人工毛があり、人毛ではカラーリング・パーマをかけていない人の毛髪をバージンヘアと呼び、ウィッグに使われています。
中にはハサミさえ入れたことのない艶やかな人毛が使われているケースもあるようです。
サラサラのロングヘアのみならず、ゆるフワ巻きになったスタイル、人工毛ならばカラーバリエーションも豊富です。
オシャレが楽しめるようにヘアアレンジも可能、ポイントウィッグなら、欲しい部分だけ使えるので、悩みに真剣に応えられそうです。


では、反対に育毛剤を使うのであれば、時間は掛かりますが、髪の毛が生えてくる成果が得られます。
トップや生え際、頭皮が目立つことにコンプレックスを抱える人にとっては、ウィッグより生えている実感が欲しいようです。
栄養不足により、毛髪が細く、髪がぺちゃんとなり、ボリュームさえなくなります。
ふんわりボリュームアップさせるにはウィッグがイチ押しですが、育毛剤にも薄毛予防の成分が含まれ、脱毛さえ予防しますから、毛根に負担をかけない魅力は育毛剤にありそうです。
どうしてもウィッグは被り物で、通気性に配慮されていなければそれだけ中では、ムレやすくなり、毛根に負担が強いられますから、ウィッグを選ぶならばメッシュ素材などの通気性でも選びましょう。
もちろん、衛生面では抗菌機能がベストです。


では、ウィッグと育毛剤を合わせて使ってみるのはどうでしょうか。
夜の就寝時にはウィッグをハズし、育毛剤でヘアケアをする、こうした習慣を継続できるのなら、薄毛も改善できそうです。
選び抜かれた栄養剤を頭皮に塗布し、栄養が浸透すれば、髪のターンオーバーに合わせて、太く、強く、コシのある毛髪が生えてきます。
もちろん、生活習慣を見直すこと、ストレスもよくない話を耳にします。
オシャレウィッグでストレスを解消しながら、ヘアケアに努めるだけで、人に会うのが楽しくなり、毎日の生活がよりイキイキしてくるでしょう。
髪は1ヶ月に1センチしか伸びませんから、女性でしたら、ショートやセミロング、沢山のヘアアレンジができるウィッグを揃えてから、育毛剤を併用することが一番利に適っているようです。

次の記事へ